ユーモアセンスと話術を磨くと人間関係が改善!

『ユーモアセンスと話術を磨くと人間関係が改善!』サイトトップ
 >  8.インターネットジョークの面白い短文でユーモアセンスを磨く

スポンサードリンク

8.インターネットジョークの面白い短文でユーモアセンスを磨く

インターネットには面白いジョークの面白い短文がたくさんコピペされています。オリジナルの面白い短文やコピペをアレンジしたものもたくさん公開されているので、是非参考にしてください。

◆誰でも確実に面白くなれる教材があります。

面白いことをいうためのすべてのパターンを網羅しているので、これを学べば、すべてのタイプの面白さを習得できます。

実際に100%面白くなれる教材ですので、全額返金保証がついています。

本当に面白くなるための個別サポートもあります。

面白くなりたい人は絶対にこの教材を購入すべきなのです。

今日本で一番優れた面白くなりたい人向けの教材

ユーモアセンスと話術を磨くのは「人に好かれるためだ!」という方におすすめの教材があります。発売4年目にして未だに大好評の「人に好かれる会話術を90日でマスターする教材」はこちらから。無料で教えてくれることもたくさんありますので、ユーモアセンスと会話術を磨くことに興味が有る方や面白くなりたい方は今すぐチェックしてみてください♪

全額返金保証付きなので、気軽にお試しできますよ♪

女性にモテるために面白くなりたい人は、こちらの教材を参考にしてください。ブサイクでも使える、女性に「面白い人」だと思ってもらうための会話テンプレートです。

ブサイクでなければ女性をいじるだけで良いのですが、ブサイクは女性を落とすためには、女性にいじられる会話術が重要になります。ブサイクは、モテるために「いじりあう」という形を取らないといけないのです。この差は悲しいですが、やることをしっかりやれば、思い通りの結果が出るので頑張ってください。

イケメンが「いじりあう」会話術を使ってくると最強すぎて手も足も出ないのですが、そんなライバル滅多にいないので安心してください。もちろん会話術を磨けば、ルックスによる差を超えることも可能です。

『8.インターネットジョークの面白い短文でユーモアセンスを磨く』カテゴリー記事一覧

江戸時代のユーモアセンス


江戸時代のユーモアセンスを一部紹介します。ダジャレ、謎掛け、落語などの昔ながらのユーモアセンスに通ずるものがあります。 【小便】 雪の夜中、小便つまりて目ざめ、起きて立ち出で、 雨戸開けにかかった...

『8.インターネットジョークの面白い短文でユーモアセンスを磨く』カテゴリー新着記事

江戸時代のユーモアセンスを一部紹介します。ダジャレ、謎掛け、落語などの昔ながらのユーモアセンスに通ずるものがあります。

【小便】
雪の夜中、小便つまりて目ざめ、起きて立ち出で、
雨戸開けにかかったところ、凍りついて、いかなこと明かず。
しかたなければ、敷居へかがんで小便をたれかけ、さて明けてみれば、
氷とけて、がらりと明いたり。「よし」と言いて出でたところが、何も用なし。
【明和九年刊「鹿の子餅」】

[江戸っ子が放つ下ネタ]
娘子の 裾をめくれば富士の山
甲斐でみるより 駿河一番

太田濁山人

*解説
一文に二重の意味を持たせています。
ひとつは[嗅いでみるよりスルがいい ]の意味
ふたつめは、観光名所地名「甲斐」より「駿河」で富士山を見た方がいいっていう意味です。

【雁首(がんくび)】
お姫様、庭のけしきを眺めて、たばこをあがる。
折りふし、空を雁が渡るゆへ、お姫様「あれを見や。局、がんが通る」とおっしゃった。
局「がんは雁(かり)とおっしゃるがよふござります」と申し上げた。
お姫様、吸いがらをはたくとて、雁首(がんくび)がぬけて灰ふきの中へおちた。
「これ、灰ふきの中へかりくびがおちた」

【泣声】
門番の嬶(かかあ)が毎晩外へ聞へるほどに泣くゆへ、殿様よりいろいろ御内証にて、
一夜嬶をお借りなされ、取らせられ御覧あるに、少しも泣かざれば、ご不審にて、
門番を召寄せられ「おれがしては少しも泣かぬが、其方は薬でも付けるか、
大道具か上手か、どうして泣かせる」とのお尋ね。
「ハイ、泣きまするは、私でござりまする。」

【蛸(たこ)】
蛸、あまりの暑さに、橋の下へ出て、昼寝をしている。
猫見つけ、足を七本食い、一本残しておく。蛸目をさまし、
「名無三(しまった)、足を食われた。かなしや」と、向こうを見れば、
猫、そら寝いりをしてゐる。蛸、川へまきこまんと、一本の足で、ぢゃらす。
猫「その手は食わん」


【貧乏神】
だんだんと貧乏になるにつけて「これは貧乏神を祭るがよい」と、
わが食ひものもくはずに馳走する。なほなほ貧乏になれば腹を立て
「コレ貧乏神、これ程に馳走するに、なほなほ貧乏にするはつまらぬ」と、
張肘をすれば、貧乏神「あまり馳走で、家内引越した。」


スポンサードリンク

 >  ユーモアセンスと話術を磨くと人間関係が改善!のページ上部へ↑
『ユーモアセンスと話術を磨くと人間関係が改善!』のサイトトップへ
検索

まずは最新記事をチェック↓
  • 江戸時代のユーモアセンス
    江戸時代のユーモアセンスを一部紹介します。ダジャレ、謎掛け、落語などの昔ながらのユーモアセンスに通ずるものがあります。 【小便】 雪の夜中、小便つまりて目ざめ、起きて立ち出で、 雨戸開けにかかった...
スポンサードリンク
カテゴリーをチェック
コメントありがとう!
キーワードランキング
『ユーモアセンスを磨くと笑いのつぼをつける。』の関連キーワードをリストアップ! 1.占い ユーモア
2.英語 ユーモア
3.人生 ユーモア
4.ユーモア 笑い
5.アメリカ ユーモア